家事の分担は同棲を始める前に決めておく必要があります

日本の結婚制度は、一夫一婦制です。

結婚を後悔しないために同棲をすること

家事の分担は同棲を始める前に決めておく必要があります 日本の結婚制度は、一夫一婦制です。子供のころからそれが当然のこととして育ちますので、浮気や不倫は良くないことだという意識の中で大人になります。他人同士の男女が、婚姻届を提出して公の夫婦として認められることは、メリットもある半面、大きな制約に縛られることでもあります。日本では少子高齢化が大きな問題ですので、結婚率を上げることは喫緊の課題ではあるでしょう。ですが、離婚率を下げることも、必要ではないかと考えます。特に、子どもを持つ夫婦の離婚は、夫婦だけの問題ではなく、一番の被害者は子供になるのではないでしょうか。結婚を後悔しないためにも、婚姻届を出す前に、同棲生活を経験してみることは良いことかも知れません。

恋愛時代には、相手の良いところが目立ちますが、それは、デートをしても、帰る場所が違うからではないでしょうか。日常生活を知らないということは、結構恐ろしいことですよ。同棲生活をすることで、ますます彼や彼女のことが好きになることもあるでしょう。その結果結婚すれば、結婚して一緒に暮らしてみたらイメージが違った、などというショックを受けるリスクはなくなります。逆に、同棲して相手の嫌なところに気がつくこともあります。それをどのようにクリアするかで、結婚後の後悔の有無を大きく左右すると思います。
Copyright (C)2019家事の分担は同棲を始める前に決めておく必要があります.All rights reserved.